骨粗鬆症の治療方法|身近に潜む病気に対する知識

微笑む医者

睡眠時無呼吸症候群の改善

女医

睡眠時に呼吸が止まってしまう症状を睡眠時無呼吸症候群といいます。症状を引き起こしてしまう原因や、なりやすい人の特徴を把握しておくことで、しっかりと対策を取ることが出来ます。

View Detail

最新のがん治療

医者

横浜クリニックで行なわれている免疫細胞療法は、副作用の少ない治療方法です。3大がん治療である、抗がん剤治療や放射線治療、外科手術と組み合わせることで、さらなる効果を発揮します。

View Detail

髄膜腫の基礎知識

2人の医者

髄膜腫は脳腫瘍なかでも発生率が高い種類の腫瘍です。そのほとんどが良性です。外科手術を行なうことで治療を行なう事が出来ます。手術の種類やリスクについては医師としっかり話し合いましょう。

View Detail

骨粗鬆症の改善

笑顔のシニア男性

世の中にはがんや、髄膜腫、睡眠時無呼吸症候群など多くの病気があふれています。なかでも骨粗鬆症は誰にでも起こりうる病気の1つです。骨粗鬆症は骨の強度が低下してしまい、骨折してしまうリスクが大きくなってしまう病気です。骨粗鬆症は年齢が高い人に多く発症し、女性に多いというのが特徴としてあります。歳を重ねると背が縮むとよく言われますが、これはこの骨粗鬆症が原因になっている可能性が十分にあるのです。

骨粗鬆症は、病院で身体検査や骨評価検査、血液検査、尿検査など受けることで判断することが出来ます。骨粗鬆症は骨の吸収や形成を行なう、新陳代謝機能が低下することで引き起こされるとされています。新陳代謝機能の低下の原因として考えられるのが、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量の低下です。このエストロゲンは骨の新陳代謝に大きく関わっています。エストロゲンの分泌量が低下することで、骨を形成する速さよりも失われる速さのほうが上回ってしまいます。すると骨密度が低下し結果的に骨粗鬆症となってしまうのです。

骨粗鬆症の治療方法としては、主に食事療法、運動療法、薬物療法の3つが行われます。骨粗鬆症の薬物治療で使用される薬には、骨吸収を抑える効果がある薬と、骨形成を促す効果のある薬を同時に服用します。この時に注意なのが医師のアドバイス通りに服用しなければ、骨粗鬆症を効果的に治療することが出来ないという点です。医師の指導通りに用法用量を守ることが大切です。